fbpx

  • facebook
  • instagram
  • line

「レザースパイク、もう一度!」の旅 #1

「レザースパイク、もう一度!」の旅 #1

レザースパイク、
いや正確にはアウトソール(靴の裏のことです)に
本革を使ったレザーソールのスパイクです。

金具がソフトスパイクに代わり、
アウトソールも革から樹脂製が一般的に。
さらにスパイクレスのシューズも浸透して、
いまやゴルフ界の絶滅危惧種と言っても
過言ではないシューズですが、
本物の革靴は、やはり趣きが違います。

比べてみれば、レザーソールは
樹脂製ソールよりもデメリットは多いです。
〇 耐久性がない
〇 雨に弱い
〇 疲れやすい
〇 地面からの突き上げ感が大きい
などなど……。

レザーソールが忘れ去られていくのも
ヤムナシですが、
しかし! 圧倒的にレザーソールが
優れていることがあります。
それは

使えば使うほど足になじんで
フィットしてくれます!
さらに地面の感覚も
つかみやすい、ということです。

店長・ジャックも
90前後をサマヨう永遠の中級者ですので、
シューズにそんな繊細な感覚要らんやろ、と
お思いでしょうが、
晴れの日に馴染んだレザースパイクでの
ラウンドは、なんだかプレーも引き締まるし
気持ちのいいものです。

何より
カッコイイじゃないですか!

歩きではなくカートが
普通な時代のゴルフだからこそ
「GO/LOOK!」では、
アマノジャクな気持ちで!?

レザーソールのスパイク、
しかもカッコよくて日本人の足に合うものを
提供できればと考えています。

もちろん、いまでも
レザーソールを携えたゴルフ用革シューズを
作っているブランドは
いくつかあります。

たとえば、
ボクがもっている中では
米国ブランドの「アレンエドモンズ」。
紳士靴として有名で、歴代大統領が履く
革靴としても知られています。

革底とゴムのコンビネーションなのですが
日本人用のラストではないので、ちょっと無理して
履いている感じです(笑)。
残念ながら、日本では展開されいないので、
アメリカでないと買いにくいんですが
(それならGO/LOOK!でやろうか、も検討しますか)。

ともあれ、カッコイイ……。

紳士靴メーカーは、かつては
大概ゴルフシューズも作っていました。
オールデン然り、ジョンロブ然り、
日本ではリーガルは
いまでも既製品でゴルフシューズを
販売してくれています。

そんな先人のプロダクツを
リスペクトしつつ、
GO/LOOK!では、“絶滅危惧種”にもう一度
光を当ててみたいと
考えているところです。

というわけで、いきなりですが
レザーソールの
ゴルフスパイクを巡る旅を
スタートさせようと思います。

つづく。
※不定期でこのコンテンツは連載していきます

記事日時:2018年10月26日 AM 10:00
 


 

友だち追加

follow me!

配送料金全国一律800円 15000円以上無料

AmazonPay(アマゾンペイ)

GOLF NETWORK PLUS